So-net無料ブログ作成
検索選択

旭川市近郊にある「強制連行」の跡標 (3) [北の街]

 ここまで酷いことをするのか、人間は出来るのかとーー

 国が違う国を支配する。そうするとこういうことが、何の躊躇もなく行なわれてしまうのかと考えてしまいます。Tさんの話を続けます。

 「冬になっても足には草鞋しかはかせないで、素足のままだ。凍傷になって足は真っ赤に腫れ上がっていた。そうなったら長くはもたんな。当然死ぬよ。死んだら穴を掘って捨てるように埋めていた。まったく酷いことをしたもんだ。可哀そうにな」

 「戦争が始まった頃、道路拡張の工事があってだいぶん進んでいた頃なんだわ、こっちの方がもっと悲惨だったんじゃないかな」と話します。

 「強制労働者は、天秤棒を担がされて、その両端には砂袋だ。それに掘り起こした土を詰め込んで運ばされていたんだ。一日に何回も往復させられていたさ。それを続けて何日もやらされるもんだから、肩は真っ赤に腫上がって水脹(ぶく)れになっていた」

 「そりゃ毎日だからな、水脹れが破れて中の肉がでてきてただれてしまっていた。そりゃ酷いもんだったさ。それでも天秤棒を担がされてな、血がたれていたよな」

 そこでも、日本の軍人はただ命令するだけで、誰一人として助けようとはしなかったのですか、と聞くと、「それどころか、その赤く腫れあがったところに、煮えきった油をかけていたのさ。酷いなんちゅうものじゃなかった。そうしたほうが、その水脹れが早く治るっていうんだと言ってな」

 彼らは、その繰り返しだったらしいのです。当然長くは続けることは困難でした。

 「菌が入ったらもうおしまいだ。
そうなったら長くはもたんな。当然死ぬよ。死んだら穴を掘って捨てるように埋めていた。まったく酷いことをしたもんだ」。 T さんは「可哀そうにな」と、今でも思い出さない日はないと言います。

 今では、「中国人殉難裂士」の慰霊碑が建てられています。しかし、ここには「観音堂」があったらしいのですが、Tさんは、今はどこへ行ったのか分からないそうです。

 そして、そこから細い道を登っていくと、中国人墓地があります。ひっそりと静まり返っています。林の中に、ぽつんと墓石が立てられているだけです。もう私たちの記憶の中から、忘れられています。

 そう言う私も、昨年Tさんから話しを聞くまでは、「中国人墓地」があるのは聞いていました。ただ、それは横浜にある外人墓地的な感覚でした。連れて行ってもらって、始めてそこに何故「中国人墓地」が存在するのかを知りました。

 またその先には、今は日本一の設備を有するのではないか、と言われている忠別ダム工事が行なわれています。その先に見えるのが、今まで旭川を含めて近郊の電力をまかなってきた、忠別発電所があります。

 そこでは、強制連行されてきた朝鮮人の人たちが、中国人強制労働者と同じような犠牲を強いられてきていた過去があります。 

 どんな戦争でも、領土の奪い合いは民族間の支配関係を露わにします。支配する側は、支配される方を奴隷同様の扱いをし、自らの国家を「神の国」扱いにしたがります。だから、お前らは俺達の言うことを聞けと。

 しかし、歴史を見ても、たとえ一時それが最頂期を迎えたとしても、いずれは廃れます。そこに、また新しい怨念の連鎖が始まるだけなのです。

 3日にわたって、旭川の近郊で起きたことを書きました。是非、戦争の悲惨さを若い人に伝えたくて書きました。今、イラクでも同じようなことが起きています。

 このことは、インターネット新聞 JANJAN にも掲載しました。宜しかったら、次をクリックして下さい。

   http://www.janjan.jp/area/0408/0408117935/1.php

   http://www.janjan.jp/area/0408/0408117937/1.php

   http://www.janjan.jp/area/0508/0508120880/1.php

                   中国人殉難裂士慰霊碑

                           

                      忠別発電所

      

                     

                       中国人墓地

   

 


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

paipie

大変前の記事ですが目に止まったので、コメントしたいと思いました。
この墓地の詳しい所在はわかりますか?
by paipie (2006-02-15 12:39) 

sinji

paipieさん
はじめまして。返事が送れて申し訳ありません。言い訳になりますけれど、so-netを開くのにしばらくの間重かったので、最近のばかり見ていました。コメントがあったことを気が付かなかったのです。すいません。

ご質問の件ですが、場所は旭川市から空港に向かう方向です。東川町のはずれにある、江卸という所です。僕も一回しか行った事がないので、詳しくは分かりません。車に乗せてい頂いたものですから。

詳しくは、東川町役場に問い合わせてみてください。
ホームページはここです。 http://town.higashikawa.hokkaido.jp/
by sinji (2006-03-17 23:16) 

あおふく

初めまして、実家に帰省した時に忠別ダムを見に行った際に中国人殉難裂士慰霊碑を見つけ、調べていたらこのブログを見つけました。
上でインターネット新聞 JANJANに掲載されている記事をブログの記事にリンクしてもよろしいでしょうか?
いきなりの質問でご迷惑をおかけしました、すいませんでした
by あおふく (2006-10-10 01:16) 

sinji

あおふくさんへ

はじめまして。ご返事するのが遅れまして申訳ございません。ここのところあまりブログを開いていませんでしたので。
ご質問のことですが、かまいませんのでどうぞ。ただ、janjanが出処であることを記していただければ有り難いのですが。

また貴方のブログも見たいですね。あくまでも宜しかったらですが、教えてください。どうぞ宜しくお願い致します。
by sinji (2006-11-05 22:27) 

あおふく

すいません遅くなりました、ご返答有難う御座います、有りがたく使わせてもらいます、殆ど趣味のブログなので、見てもつまらないと思います。
取り敢えず明記しておきます
この話を見ていると、自分たちの街がこの人達の犠牲によって作られたか、
知ると、私も旭川が出身なので身につままさせれます。
by あおふく (2006-11-27 22:35) 

塚田タカヤ

昨年、遅まきながら、ようやく東川町に「江卸発電所・忠別川遊水池 朝鮮人強制連行の歴史を掘る会」という会を発足しました。
会員は7~8名です。
地元の古老から聞き取りをして、闇に消えた歴史を掘り起こそうという目的で作られました。
町史にも、僅かの記述があるだけで、しかも当時の埋火葬認可許可証も、役所移転の際、全て消失しているので、史実がほとんど分らなかったのですが、韓国政府の「日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会」からの連絡で、江卸発電所の労働に従事させられた方たちがいることを知り、先月2009年3月7日~11日まで韓国慶尚北道・安東市、と安東市北後面へいき、お二人から貴重な体験談を聞き取りしてきました。

内容など知りたい場合は私に連絡ください。


by 塚田タカヤ (2009-04-22 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。