So-net無料ブログ作成
検索選択

灯油がまた値上がりだ [北の街]

 1月10日に書いたブログが巧く掲載できなかったので、再度書き直してみます。

 大寒波がきたせいだろうか、ここのところ、週ごとに灯油が値上がりしている。先日給油をお願いすると、前回より1㍑あたり3円値上がりしていた。それでも、私のところに給油してくれる業者はなにかと親切で、他よりも安く入れてくれている。

 周りで話しを聞くと、71円から73円が相場のようだ。たとえ3円の値上がりでも、200㍑入れると1回に600円違う。それだけ見ると、なんだ600円ぐらいと思いがちだが、昨年同時期と比較すると、1㍑30円前後の値上がりしている。ここにきての3円は大きい。一冬、だいたい最低でも500㍑~600㍑は使うので、2万円増は大きな負担になる。

 一戸建てに住んでいる人はもっと負担が大きい。現実に一戸立てに住んでいる実家の兄や姉たちに話すと「それぐらいで大騒ぎするな」と笑われた。5万円から10万円幅での負担増は覚悟しているらしい。

 値上がりについては諸説多い。中東の戦争、中国の急激な経済発展、化石燃料の限界説。でも、そんなことはとうの昔から言われていたこと。何か手を打つことが出来ていたはずだ。政府の無策を国外に目を向けさせようとしているに過ぎないのでは。そのしわ寄せが国民に及ぼしているのが現実のようだ。

 第1次石油ショックの時、この地球には、もう30年分しか化石燃料は埋まっていないと言われ、それで大騒ぎになった。それで、日本中はパニックになった。後で分かったことだが、あの時その騒ぎの裏では、大儲けした人間もいたらしい。

 どうも今回もそれに似ている。どう採掘するか、どうそれを運ぶかが課題は残るが、ロシアの大地シベリアやサハリンには石油や天然ガスが大量に眠っているという。

 さて今回は、誰が原油の高騰で、しこたま儲けているのだろう。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。