So-net無料ブログ作成
検索選択

ダルビッシュ・有のメジャーリーグ挑戦 「道民は応援している」 [スポーツ]

やっと決まったかという思いが先に来る。いま迄米国に渡った野球選手のなかで、最もメジャーリーグにふさわしい選手かもしれない。ダルならきっとやってくれる。

それにしても、テレビのスポーツ関連の番組を見ていて、メジャーリーグに挑戦する選手に対し好意的な話は少なく、どちらかというと否定するプロ野球OBが目立つのはどうしてだろう。

日曜日の朝に放送されるTBS「サンデーモーニング」では、よく「喝&アッパレ」が飛び交っていて見ていて面白い。でも独りよがりとしか思えない発言がしばしば飛び出る。張本勲氏の発言はそのものだ。大リーグ挑戦イコール「金でしょう」「日本のプロ野球を見捨てた」等の見解を出し片付けてしまうことが殆ど。

中にはそれらしき選手はいるのは分かるけど、殆どは自分の夢への挑戦ではないのだろうか。それを自分の考えだけで一刀両断に切り捨ててしまっていいのか。野球少年が大きな夢を持つ。実力を試したい気持ちが湧き上がる。ごく普通のことで廻りは応援してあげ、適わなかった時いつでも戻って来いと、挑戦を支えてあげてこそ野球ファンなのではないのか。

しかし、張本氏のような考えを持つことを全面否定するつもりはない。そう考える人も野球ファンの一人なのだろう。もしかすると、そういう心の背景に地域性があるかもしれない。道民が、1万人以上も札幌ドームに集まって、ダルの記者会見を見に行くことは、子どもの頃から都会に住む人(特に内地に住む人)にはわからない感覚なのだろうことは想像できる。

北海道の若者は、道内になかなか仕事が見つからない。しかたなく都会へ家族は送り出す。もう40年も前になるけど私もそうだった。都会に行かないと仕事がない。でもこうして帰ってくると温かく迎えてくれる。

だからダルビッシュのように、北海道日本ハムに入団し、育ち、日本のエースに成長し、次は米国へ渡ってメジャーに挑戦する姿には何も違和感を感じないどころか、ガンバレの気持ちでいっぱい。それが道民の心底からの言葉なのだ。

さあ今年はスポーツ満載の年になりそうだ。オリンピックやサッカーもそうだが、何よりダルビッシュの勇姿を見るのは楽しみ。ぎりぎり間に合ったか、元気な「マリナーズ・イチロー」選手との対戦を見られるのは今からわくわくする。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。