So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道・泊原子力発電は本当に必要なの? [コラム]

so-net水島さん.jpg

東北大震災の後に起きた、津波が原因とされている福島原子力発電所の崩壊。その後の報道など見ていると、本当に津波だけが原因だったのか。地震による何かの損壊ではなかったのか、いまだ原因がはっきりしていない。

地震の怖いのは揺れだけでなく地殻変動のほうが怖いと聞くと不安でならない。そこで最近、北海道電力(以後・北電)の元社員、水島能裕(よしひろ)さんの話しを聞ける機会があったので参加させて貰った。

私など全く電気関係、ましてや原子力についてまったく無知な者には、レジメをもらって題目を見ただけで、いささか戸惑うばかり。そこで自分が関心を持った範囲で、その内容を少々。焦点にしたのは「本当に北海道の電力は足りないのか」に絞ってみることに。水島さんは具体的な数字をもって説明してくれた。

始めに、北海道の最大電力(発電端1日の最大値)を列記してみると以下になる。
日時 最大電力(万単位) 時期
2011/01/12 578.8万kw 冬場の過去最高数値
2012/02/02 568.0万kw 今年の冬の最高数値
2006/08/09(pm2時) 507.4万kw 夏場の過去最大数値
(※・表1)

北電の設備による出力は、742万kw。そのうち原子力の依存は207万kwと、全体の28%。電力量は原発が4割というが、しかしこれにはトリックがある。泊原発をフル活動(最大限)させ、石油専焼の伊達や知内火力発電所を休ませていたから多くみえるだけ。

まだ他にある北電以外の電力(北電に卸しているなど)を見てみることに。
会社名 発電能力(万単位) 発電方式
パワーエンジニアリング 25万kw 石油火力
エコエナジー 6万kw 水力
電源開発(糠平湖、桂沢湖) 21.5万kw 水力
北海道企業局(士別・岩尾内湖) 7万kw 水力
風力 36万kw
太陽光 0.5万kw 合計96万kw
(※・表2)

もう一つ、独立発電事業者(IPP・北電へ卸している)と特定規模電気事業者(PPS・小売)を表にしてみることに。

会社名 発電能力(万単位) 発電方式 関連
日本製紙釧路発電所 8万kw 石炭 IPP
JX日鉱日石エネルギー室蘭製油所 5万kw 残渣油 IPP
新日鐵室蘭発電所 10万kw 副生ガス、石炭 IPP
三菱電機2箇所 0.2万kw 石油 IPP
出光興産 1.5万kw 石油 IPP
王子製紙苫小牧火力発電所 26.8万kw 黒液等バイオマス&重油 PPS
合計 51.5万kw
(※・表3)
上記ように、表2・3を合わせると148万kwとなる。
北電の742万kwと表2・3の148万kwをたすと890万kwになる。例え北電が泊原子力発電所を休止させ続けたとしても、890万kw-(原発分)207万kw=683万kwの発電能力はある。

表1に於いて分かるように、北海道の電力消費MAXは冬場なのだ。原子力発電所がなくともその数値さえ104万kWカバーできている。風力、太陽光、流れ込み式水力の稼働率減を引いても637万kWある。まして冬場に電力消費MAXを迎えるのは北海道だけ。どうしても足りない時は本州から送電してもらえば、北海道での電力不足は乗り越えられる。

これから先、節電に努力し、ソーラー発電や地熱発電、風力発電、北海道ならではの畜産による糞尿を利用したバイオマス発電など、原発からシフト変えしていくことは大いに可能なのだ。

終わりに水島さんは、北電が今年2012年夏に電力が足りなくなると言っているのは、北海道第2の発電能力を持つ、苫東4号機(70万kw・石炭)を、5月20日から10月にかけて定期点検と大改修するのを前提にしているからで「なぜ2月末から7月初旬でなく真夏にするのか」と、首をかしげていた。そして、それでも北海道の電力は足りると。

以上、北電の元社員、水島能裕(よしひろ)さんの話しをもとに、北海道の電力事情を綴ってみた。参加しての私の結論は、「原発」なくても電力は足りるだった。原発ありきの誘導はもう通用しない。それと、現在の北海道知事高橋はるみ氏は、経済産業省出身であることを心に留めておきたい。

北の街旭川:満開に咲いた桜はもう散った [北の街]

桜散る-2.jpg

今年は春の気候のまま夏に入り「冷夏ではないか」と言う人が多かった。自然のままに生きている桜さえ、さぞや驚いただろう。平年より3日早い5月3日の「開花宣言」、そしてすぐの「満開」だった。テレビニュースでは、50年の観測史上初めてと騒ぎ立てている。満開の桜の下にいると、無理やり咲かせられたという空気がただよっていた。

その桜も3日しかもたなかった。すぐに風に吹かれ散り、レンガ造りの歩道を彩っている。それも由か。旭が射していてもビルの陰に曇る歩道のほうが、散った桜の花びらは色濃く見えていた。昨年は桜が散るとすぐ“夏”のような気候だったが、今年は少し違って“春”の陽気をもう少し楽しめそうだ。

桜散る-1.jpg

このごろの気候の変化にはなかなか馴染めないでいる。普通の生活のなかで、過去の経験、慣習、例えなどは、もう通用しない世界を迎えざるおう得なくなったのだろうか。それともこれこそが自然というものなのだろうか。作家の瀬戸内寂聴さんは、テレビ番組に出演したときや著書のなかで“世は無常”とよく言っているが、最近その言葉がやけに身にしみる。

当たり前だけれど、毎年花びらが散った後には素晴らしい青葉が桜の樹を彩る。その青葉を観にくる人も多く、心を和ませてくれているようだ。その時期にはもう一度この桜の樹の下で大きな深呼吸をしてみよう。早春の蕾から晩秋の落ち葉まで、桜という樹は実にありがたく癒しの空間を演出してくれている。



マイカーの色は、なに色がお好きですか [日記]

生まれて始めてマイカーを持ったのが、中古の家を購入したときでした。東京都内から総武線に乗り、江戸川を越えてすぐの駅が市川市。移動手段はバスしかなかったので、軽自動車の購入を考えました。

家を探すとき、市川市内のどこに中古車屋さんがあるのか分かっていたので、早速出向きました。そこにはモールで飾られたアーチの中に、黄色が綺麗で鮮やかな軽自動車が展示されています。

そこの前にじっと佇んでいたところ、中古車店の店主が出てきて「これいいでしょ」と進めてきました。事務所に案内され「いま迄の統計で事故が最も少ないのは何色かご存知ですか」と問いかけてきました。「意外と白のような気がしますけれど」と答えると「そうです、ただ日本では白が最も多く販売されているので、パーセンテージから考えると、黄色なんですよ」との答えです。

もう決まりです。魔法にかかったようにその車を購入しました。走り心地もよく納得の買物でした。しかし職場と家との通勤に不便を感じ、購入した中古の家は貸家とし、やむなくその車も手放さなくてはならなくなり、買い求めた中古車店に買い取って貰いました。今でも忘れられない苦い思い出です。

そのとき感じたのは、ディラーとユーザーの信頼関係でした。親切な店主にあえたので、車を手放すことは苦い思い出ですが、すてきなディラーに会えた喜びも思い出の中に、今でも同居しています。

上の記事は、ある「SO-HO」の会社に登録し、web構成の依頼があったので、私はこの程度しか書けませんとメールで送りました。が、連絡が途切れそのままです。応用力を持たない初老には、「SO-HO」の仕事は無理なようです。初心に帰れと言われたようです。

電力料金値上げの権利ってなに [日記]

最近おかしな言葉を耳にした。先日行なわれた東京電力西沢俊夫社長の「値上げは権利というか、義務でもある」と発言した記者会見報道なのだ。「値上げの権利」というのは法的には間違っていないというけど、殆ど人災とも思える大きな事故を起こした張本人が、ここ迄「白を切る」ようなこと言うかと、自分の耳を疑ってしまった。

そういえば、この国の総理大臣様も、「マニフェスト」を掲げ「今大切なことはこれなんです」と言って戦った総選挙で大勝したのに、知らんふりを決め込み「書いていないことも、やらなければならないことは断行する」などと支離滅裂な発言をしている。

問題の「消費税」のパーセンテージだって初めと今では大きく違った数字になってきているし、使い道も東北震災にあてがうと言っていたのに。景気浮揚だの謝金の穴埋めだのコロコロ変わっている。こんな人たちに期待した自分を恥じても遅いかなあ。どんなことがあっても、与野党の都合のいいような、消費税を通してからの「しゃんしゃん解散」だけは避けさせなきゃ。

国政が見ての通りなら、日本を代表する大企業、それも日本の首都圏を一手に担っている電力会社の社長が、平然と白を切るのも押して導しか。メディアも「CM料」というお化けに牛耳られている現状では、何に期待していいものか。

それにしても、年金に詳しい学者さんがテレビに出てきて「もうだめ、すでに限界、消費税も今の値上げの数値では駄目…」ってなんなの。みんな、どうしちゃったの。原発事故の責任しかり、マニフェスト選挙裏切りの責任しかり、責任を明確にした後でことを進めてほしいね。

ダルビッシュ・有のメジャーリーグ挑戦 「道民は応援している」 [スポーツ]

やっと決まったかという思いが先に来る。いま迄米国に渡った野球選手のなかで、最もメジャーリーグにふさわしい選手かもしれない。ダルならきっとやってくれる。

それにしても、テレビのスポーツ関連の番組を見ていて、メジャーリーグに挑戦する選手に対し好意的な話は少なく、どちらかというと否定するプロ野球OBが目立つのはどうしてだろう。

日曜日の朝に放送されるTBS「サンデーモーニング」では、よく「喝&アッパレ」が飛び交っていて見ていて面白い。でも独りよがりとしか思えない発言がしばしば飛び出る。張本勲氏の発言はそのものだ。大リーグ挑戦イコール「金でしょう」「日本のプロ野球を見捨てた」等の見解を出し片付けてしまうことが殆ど。

中にはそれらしき選手はいるのは分かるけど、殆どは自分の夢への挑戦ではないのだろうか。それを自分の考えだけで一刀両断に切り捨ててしまっていいのか。野球少年が大きな夢を持つ。実力を試したい気持ちが湧き上がる。ごく普通のことで廻りは応援してあげ、適わなかった時いつでも戻って来いと、挑戦を支えてあげてこそ野球ファンなのではないのか。

しかし、張本氏のような考えを持つことを全面否定するつもりはない。そう考える人も野球ファンの一人なのだろう。もしかすると、そういう心の背景に地域性があるかもしれない。道民が、1万人以上も札幌ドームに集まって、ダルの記者会見を見に行くことは、子どもの頃から都会に住む人(特に内地に住む人)にはわからない感覚なのだろうことは想像できる。

北海道の若者は、道内になかなか仕事が見つからない。しかたなく都会へ家族は送り出す。もう40年も前になるけど私もそうだった。都会に行かないと仕事がない。でもこうして帰ってくると温かく迎えてくれる。

だからダルビッシュのように、北海道日本ハムに入団し、育ち、日本のエースに成長し、次は米国へ渡ってメジャーに挑戦する姿には何も違和感を感じないどころか、ガンバレの気持ちでいっぱい。それが道民の心底からの言葉なのだ。

さあ今年はスポーツ満載の年になりそうだ。オリンピックやサッカーもそうだが、何よりダルビッシュの勇姿を見るのは楽しみ。ぎりぎり間に合ったか、元気な「マリナーズ・イチロー」選手との対戦を見られるのは今からわくわくする。

旭川は氷点下20度・猫のカカもさすがに [北の街]

旭川に戻って11回目の「大寒」の時期を過ごしているけど、この冬、水道の水を落とした回数の多さは、今までにありません。ここのところ毎晩水道の元栓を閉めてから床に就いています。今朝も氷点下20度を下回っていました。

私だって寒いです

若いころといっても、もう半世紀過ぎたので50年前ですか。その頃だとごく普通のことだったけれど、今では気候変動による温暖化というべきなのか、僕の感覚では10度前後差がある。当時と比べると、近年間違いなく暖かくなっていました。

それがこの冬、地球は思い出したように寒さをぶり返している。用は地球を含め僕らの身の回りは「無常」、常ならずということでしょうか。「災いは続くよ」とよく先輩諸氏に言われて来ました。昨年の「3・11」の大災害は決して忘れてはいけないことですが、その事によって、我々は何かを感じ、思い起こさなければならない、そういう時期を迎えているかも知れないなと、つくづく思っています。

特に最近の政治家の無能、無責任さは目に余るものがあります。大事故を発生させた加害者を庇ってばかりとしか思えない発言が続いています。被害者は何処へ行ったのか。彼ら政治を司り、議員バッチを胸に輝かしている人たちは、政治家という原点に戻ることを強く望みます。

写真の猫のカカは、何を考えているのでしょうか。こんなにストーブに近づいているのは初めてです。これ程寒さが続くのも初めての体験でしょう。身も心もゆるまでは、もう少し時間がかかりそうです。

北海道の“テレビ”は変わろうとしているのだろうか [日記]

フジテレビで活躍していたフリーアナウサーの大村正樹さんが「UHBテレビ」に来て半年を過ぎました。やっと板に付いてきたのかな、という感じを最近抱きます。始めはやたら肩に力が入っていたようで「うむ。。。うむ。。。」のフレーズが多く見受けられました。そうとうの覚悟で来られたのだから、何につけ力が入るのは分かる気がします。

既存の夕方放送の番組内容と違って、毎朝見ている情報番組より、かなり鋭い指摘があったりし、「へ~…情報番組のMCの中にもフリーランス的な人もいるんだ」と、感心しながら見ていました。今もそうです。

番組編成で、出身母体といっていいのか、フジテレビを降板した(実質させられた?) フリーランスの上杉隆さんを、その週の初めである月曜日に当てるなど、そうとうの覚悟で取り組んでいることが伺えます。大村さんは北海道へ来る前にいろいろあったようですが、都会から遠く離れ、ゆっくり考える時間を持つことも大切では。

でも上杉さんには「もっと切り込めるだろう」と、思いつつ見ています(何処かにそれを止める人がいるのでしょうか…そういう気がします)。見ているほうは、言いたい放題ですが。

メディア”とりわけテレビは大きな力を持っています。いま「大阪」が大きく取り上げられています。日本は変わるぞ、と。本来なら北海道こそ、その担い手の筆頭になる地域だったと思っていたのに。やはり官僚出身知事では改革は無理だったのでしょう。「泊原子力発電所」の対応一つ見るだけで、もうがっかりです。しかし、だからといって「大阪橋本改革」の全てを賛成できないでいます。テレビ&新聞しか情報ないけれど。

“きっかけ”の大切さを感じます。変わろうとする北海道と大阪。メディアという間接と大阪のような直接。どちらにせよ、何かを変えよう、変わろうとしているのは事実なのでしょう。テレビメディアにおいて、大村さんのような大胆さは初めの一歩かもしれません。大切な1票の重さを感じながら大きな目を開けっ放し…それは無理か。

それにしても、日本列島は南北に長いですね。夕方のお天気コーナーで「今年の暮れは寒いですよね」と言っていると、そのすぐ後に映像が変わり東京から。神宮外苑の銀杏並木では落ち葉の上を歩く家族ずれ。東京四谷3丁目界隈に長年住んでいたけど、「12月に落ち葉散策?」。僕の記憶にありません。12月ですよね。

日本は、何から何まで変わってしまうのでしょうか。瀬戸内寂聴先生はいつも言っているね、世は「無常」って。

北海道コンサドーレ“J1昇格”おめでとう [スポーツ]

長かったですね、4年ぶりですか。以前J1で活躍できたのは、一度目は岡田監督で、二度目は三浦俊也監督でした。今回の石崎監督で三度目のJ1昇格。札幌ドームを満員にしての昇格圏3位を掛けたゲームは、見ごたえ十分でした。やはり先制点が課題だったのですね。1点入った後の試合はコンサドーレの優位で運べたのが何よりでした。

北海道コンサドーレそしてサポーターの皆さんおめでとう御座います。

最大の功労者、僕は「石崎監督では・・・」と見ています。日刊スポーツ紙12月4日の1面に掲載れている記事を読んでいると、子供たちの学校の関係があって、2年間単身赴任で生活を凌ぎ、昨年からやっと奥さんと暮らせるようになったとか。今では監督も奥さんも「北海道に永住してもいいくらい」と言っているようです。それが嬉しいですし、その気持ちが優勝に導いてくれたのではないかと。

また、補強の大切さも知らされました。そのせいで得点力は上がり、今までのお友達ゲームから脱却したのは、補強選手の力が大きかったのではと感じています。なお更、来年からのJ1での戦いは、極力このメンバーに、もう一つ強力補強をし、選手間で切磋琢磨しながら戦ってほしい気持ちでいっぱいです。

ただ前回2回J1昇格のあとのJ2降格時にあったことでの心配もあります。なかでも、岡田監督時には少々複雑な気持ちを持っています。岡田監督は優勝するために、子飼いの選手を連れて来てくれたのはいいのですが、目的が達成し退任するとき、その選手たちもそっくり引き払ってしまったように見えたからです。僕の見当違いかも知れませんが。

まるで今まで何もなかったような状況を平気で迎えられる、モチベーションといおうか、その気持ちそのものが分かりません。札幌から去った方々の心から、サポーター(の気持ち)は何処へ行ってしまったのでしょう。

サッカーは、今では野球を凌ぎ、大きな夢を与えてくれるまで成長したスポーツなのでは。「それが現代スポーツだよ」と言われてしまえば「はい、そうですか」としか、言い返せないのが辛いですね。もうあのJ2降格の淋しさは味わいたくないですので。

それにしても最終戦、札幌ドーム超満員の、あのサポーターの皆さんには驚きと感謝です。来期は必ずJ1定着を願っています。

「Blog」へのこだわりが生きがいかも [日記]

久しぶりというか、やっと「Blog」を 書けるようになった。
1年近いブランクは、書きたい気持ちを削いでしまっていたのだと、つくづく実感する。ただ気づいたこともある。「インターネット新聞janjan」に市民記者として投稿しているうちに、どうも「Blog」に対しての、勘違いを生んでしまっていたようだ。

むずかしいことを、フリーランスの真似をし、思うままに書き続け、本来の自分というものを失い、わざわざ書くことのハードルを高くしてしまっていた。そこに気づいたから何もできなくなってしまった。でも昔から「時は薬」と言っていた。学ぶこともあったようにも思う。

その間も、新聞の切り取りや、気づいたことに対してのメモは欠かさないでいた。気持ちのどこかに「そのうちまた書くようになる」という思いは失わないでいられたのが救いかもしれない。また、長い間成し遂げたことが、そこに行き着くと、何かふわっとした達成感が自分を支配してしまったのだろうか。

自身のホームページを作りたい、その思いでそうとうの時間図書館に通い、やっと下手の横好きと言われようと出来上げた。また、ここでももう一つの達成感を生んでしまっていた。早い話疲れただけだったかも知れない。そのほうが分かりやすい。やっぱり若人の真似は出来ない。

政治のことは元よりだけど、いま旭川市が何かと騒がしいというか、少し面白くなってきたので、62歳のペースを守りながら続けていけるといいなと。また、いまだ現在進行中の「パニック障害」のことも、いろいろ分かってきたので(但し、あくまでも自分に限って)、そのことも準備しています。

旭川にもやっと春がやって来た [北の街]

このところやっと天気情報の最低気温の所から、氷点下の「―記号」が消え始めた。
ハイテンション気分を抑えきれずにデジカメをもって出かけようと表に出ると、すぐ目の前にクロッカスが咲いていた。これはこの2~3年咲き始めた。種がどこからか飛んできたのだろうか。

クロッカス

もう少し足を伸ばして近くの公園に行ってみると、雪が解けて2,3日しか過ぎていないのに、もう早ふきのとうが大きく蕾を広げていた。北海道の春はあっという間にやってくる。街の中心街では、これから目白押しにいろんなイベントを計画しているようだ。

自粛ムードも少しずつ解かれ始めたので良かったと思う。もう普通の生活スタイルに戻すべきではないだろうか。その方が被災者の人たちにも勇気づけられると思う。

ふきのとう



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。